早めに次へステップアップ

看護師の仕事は体力を必要とする作業が多く、女性の仕事としては肉体的負担が大きいため、いつまで続けられるか心配になる面もあります。若い頃はどうにかこなしている看護師の仕事も、年齢を経るに従い、これからはどうなるか分かりません。看護の仕事でまだまだ働きたいと思っていたとしても、体力の限界を感じるようになれば職務を果たすのが難しくなり、別の方法を考えざるを得ません。

そこで体の負担が増す前に看護師から上位の職業へとステップアップし、管理する立場に立って医療の仕事を続けるという選択肢があります。病院であれば看護師長という看護師からのステップアップの道があり、上位の仕事に就くと肉体的な負担は減らせます。ただし、キャリアアップして体力の限界を感じることはなくなっても、今度は管理職の立場から精神的な苦労は増えます。管理する側に立ってみると気苦労が多いため、キャリアアップしても必ずしも仕事が楽になるというわけではありません。しかし、重要性の高い仕事にステップアップした方が仕事のやりがいが増え、得られる賃金も増えるメリットがあります。

医療現場で定年まで働く予定であるなら、早めに次のステップへと踏み出すのが望ましいでしょう。まだまだ若いから大丈夫と侮っているとあっという間に時間が過ぎ、積極的にステップアップすればよかったと後悔する事になりかねません。また看護師長の他にも、医療コーディネーターなど医学の知識と資格を活かした仕事があるため、体力に限界を感じる前に将来の可能性について考えることをおすすめします。